黄金の3日間

 

「中学生との最高の出会いを

 

演出する学級開き」

 

2019330日(土) 18:3020:30(受付開始18:00

  

会場:群馬県生涯学習センター

http://www.manabi.pref.gunma.jp/

 

 

お申込みはコチラから!

 

 1講座 楽しい学級にするには楽しいことを!中学生が盛り上がるミニレクはこれだ!

 4月当初は教師と生徒・生徒同士の関係性を築くことが大事です。規律を教える際にも、「楽しい雰囲気」の中で行うから生徒は納得します。「このクラスならやっていけそう」「この先生には期待できる」「学校に来るのが楽しい」と思えるレクを紹介します。

 

 

2講座 学級開きを成功させる、春休み中の準備はこれだ!

 

①黄金の3日間を設計する、「学級経営ノート」はこう作る!

 映画監督は「脚本」を作ります。建築家は「設計図」を作ります。では、担任教師は学級経営のために何を作れば良いのか?それは「学級経営ノート」です。1年間、もしくは中学3年間の方針を決めて「書く」ブレない指導をしていくために必須です。

 

 ②子どもと保護者と学校をつなぐ大切なツール「学級通信」はこう書く!

  中学教師は、クラスの生徒と関わる時間が多くはありません。その中でも関係性を強化し、生徒を伸ばしていくために必要なのが「学級通信」。生徒だけでなく、保護者からも感謝される書き方を紹介します。☆サークル員の学級通信第1号を特別プレゼント☆

  

③春休み中から始まる部活動!どうやって主顧問と協力していったらいいの?(副顧問編)

 若い教師はベテランの先生と組んでの副顧問、というパターンがよくあります。主顧問との関係性に悩む人も少なくありません。良好な関係を築き、かつ生徒を伸ばす副顧問の仕事を、実例を交えて紹介します。

  

④春休み中から始まる部活動!初めて出会う生徒との「4月の過ごし方」(専門外 主顧問編)

  初めて出会う生徒。そして、初めて担当する○○部。「その競技やったことないよ!」「まずは何から始めたらいい?」そんなウルトラ・ビギナーのあなたが安心できるワザを紹介します。

 

 

3講座 いよいよ生徒との出会い!最初の3日間のポイントはここだ!      

 

①学級の当番活動を最初に組織すれば、1年間はこわくない!

 当番の決め方、作り方にもコツがあります。当番活動を4月頭に組織すれば、1年間の流れはストレスゼロ・スムーズです。

  

②弱肉強食にしない&教師の統率力を発揮する給食指導はこうする!

 クラスの「荒れ」は、給食時間から・・・?給食を制する教師は学級を制する、そんな言葉もあります。昨年大好評だった、教室の映像を使いながら、統率力を発揮する給食指導を紹介します。

  

③最初が肝心!!適切な生徒指導で信頼を得る!

 生徒指導は怒鳴ること?いいえ、違います。では、生徒を優しく包みこむこと?いいえ、それだけではありません。思春期の子どもと信頼関係を築くための、細かな対応を演習形式で行います。

  

④担任の「熱意」を伝える最初の道徳の授業はこれだ!(2本)

 授業を通して学級を作り、生徒との信頼を築くのが「プロ教師」。担任の熱い熱意を込めた、学級開きに最適な道徳授業を2つ行います。実際に生徒の気持ちになって体験してください!

 

 4講座 中学教師の悩みに答える!Q&A講座